FXSSI

AutoTrendChannels Free

このインジケーターは、価格変動のチャネル境界を自動的に検出し、チャートに表示します。

AutoChannelsはMT4トレンドチャネルインジケーターです。価格変動のチャネルを検出し、自動的にチャートに表示します。

チャネルは価格変動の範囲を示す2本の平行線からなります。これらの線は、価格と相互作用するときのサポートおよびレジスタンスレベルとして機能します。

インジケーターは、短期(M1-M30)と長期(H1-MN)の両方のタイムフレームで現在のチャネルを表示します。

インジケーターは、新しい極値の場合にチャネル角度を変更できます。

取引に最適なタイムフレームはM15-H4です。

インジケーター設定

インジケーター設定にはいくつかの基本パラメーターがあります:

Minimum history for channel formation (bars)(チャネル形成における最小履歴(棒グラフ)) – チャネル形成に必要な最小履歴深度をバー単位で設定します。

Channel formation algorithm(チャネル形成アルゴリズム) – 価格の極値がどれほど正確に考慮されるか。

The display of the channels(チャネルの表示) – 線の太さを表示するパラメーター。

Drawing channels on the chart(チャート上にチャネルを描画) – チャネルをタイムフレームごとにフィルター分け:

  • Adaptive display algorithm(適応表示アルゴリズム)モードは、価格チャートにおける不要な情報を最小限に抑えるように設計されています。これを実現するために、アルゴリズムでは各タイムフレームに関連するチャネルのみが表示されます。例えば、H1はチャネルM30、H1以上を表示し、M1とM5は無関係なので表示されません。チャートをM5に切り替えると、M1チャネルとH1チャネルの両方が表示されます。
  • All Channels(全チャネル)は、選択したタイムフレームに関係なく、特定の通貨ペアで見つかったすべてのチャネルを表示します。

チャネルの色は、グラフの背景色に応じて自動的に設定されます。

MT4にAutoTrendChannels を追加する方法

下記の手順に従ってお使いのMT4ターミナルにインジケーターをインストールしてください:

  1. 当ページ上部のリックをクリックしてZIPアーカイブをAutoTrendChannels インジケーターと共にダウンロードします ;
  2. お使いのターミナルのMQL4/インジケーター フォルダでファイルを展開します;
  3. MT4ターミナルを再起動します;
  4. MT4 ナビゲーターにてインジケーターの名称をダブルクリックしてインジケーターを実行します;
  5. Allow DLL imports(DLLインポートを許可する)」 ボックスにチェックを入れて「OK」をクリックします;
  6. インジケーターがチャート上に表示されます;
  7. 必要に応じてインジケーターの設定を調節します。CTRL+Iをクリックし、一覧からインジケーターを選び、「Inputs(インプット)」タブに切り替えます。

インジケーターのインストールに関してお困りでしたら、 詳細ガイドをご覧ください。