EURUSDの下落トレンドはこれからも続くため、成行注文で売り取引を進めていくことをお勧めします。

2020年4月24日 6:21:20 by Jacob Powell
予想の詳細
ペアEURUSD
方向性 セール
ステータス終了済み (1.083)
6:04
6:04
2020/04/24

-60 p
1.0830
ストップ・ロス
1.0770
エントリ
+55 p
1.0715
ターゲット1
チャート&分析コメント
EURUSDの下落トレンドはこれからも続くため、成行注文で売り取引を進めていくことをお勧めします。
  1. 流動比率インジケーターと言う市場センチメント分析に使われるテクニカル指標によりますと、現在は売りのシグナルが出ています。
  2. ブローカの数を見るとわかりますが、急激な買い注文の上昇があることから、大口取引がある事がわかります。その為、下落トレンドが期待出来ます。
  3. MVPラインが為替相場より上にあって、サポートラインとして機能しています。
  4. この買い手の数が厚い水準からストップロスは解消されていくでしょう。そして、為替相場がそこを突き抜けた時、為替相場は下落し続けるでしょう。
  5. 下落中の為替相場は、今溜まっている、損切が狩りが材料となって、下落トレンドに転換していきます。