FXSSI

FXSSI.Calendar Free

MT4向けのニュースインジケーター。為替市場に影響を与える重要なマクロ経済統計の発表時期を示します。

ニュースインジケーター MT4チャートには、為替市場に影響を与えるマクロ経済統計の発表日時が表示されます。また、発行国 (通貨) と影響度 (重要度) も示します。

インジケーターのデータソースは、ForexFactoryおよびInvestingのニュースカレンダーです。

ニュースはチャート上に縦線で表示されます。リリースの通貨と重要度(星1~3つ)は、各行の横に表示されます。

このインジケーターは、あらゆる金融商品をサポートします。動向を追跡したい通貨を指定するだけで使用できます。

このニュース分析インジケーターは、ニュース自体にそれほど関心がなくても、ボラティリティの増加見込みを注視する必要のあるトレーダーに最適です。

インジケーターが最新のボラティリティをどのように通知するのか?

すべてのトレーダーは、突然のボラティリティが新たにオープンしたトレードのストップロスをノックアウトしたときに、そのような事例を経験したことがあります。その後、一部のマクロ経済統計の発表により、ボラティリティが上昇したことが明らかになりました。

どのようなトレーディング戦略を実行するかは問題ではありません。重要なニュースのリリースを考慮する必要があります。

今後のリリースに備えて、例えば以下のように独自の行動計画を作成しましょう:

  • 予期されるボラティリティの範囲が目標水準をはるかに上回る場合に取引をクローズする。
  • ニュースリリースの10分前に取引をヘッジし、状況が通常通りに戻れば“ロック”をオープンする。
  • リリース後、15分以降に取引を再開する。
  • など。

そのため、ニュースを考慮し始める場合、予期しない損失から自身を保護することになります。

当サイトのツールでニュースで公開されるデータを表示しないことに決定した理由は?

当社メンバーの経験上、公表されたデータが将来の価格の方向性を示すことはほとんどありません。

実際は、ニュース自体が長期間にわたって公開されています。かつてはそれで収益を稼ぐことができたかもしれませんが、今ではニュースは投機的なツールになっています。

マクロ経済指標を用いた古典的なトレーディング戦略はほとんど機能していないように思われますが、ニュースリリース中のボラティリティは依然として高いです。

データの遅延を考慮すると、そのようなトレーディングは上手くいかないだけではなく、損失を招く結果になる場合があります。

したがって、このインジケーターを開発する際の主な課題は、ボラティリティが接近していることを適宜知らせることでした。同時に、数字を通した追加の情報ノイズを除去したかったのです。

使用されるデータ

データフィードには、有名なForexFactoryやInvestingのサービスによるニュースカレンダーが使用されています。

安定したインジケーターが機能するように、両方の電源に一度に接続します。プライマリデータソースに障害が発生すると、インジケーターは2番目のデータソースに切り替わります。

以上の手法により、 MT4端末がデータフィードにアクセスしている間にフリーズした際に類似インジケーターに生じる一般的な問題を解決します。

したがって、主要なニュースインジケーターとしてFXSSI.Calendarを選択した場合、最悪のタイミングで動作しなくなることを心配する必要はありません。

インジケーターは5~60分ごとにデータを更新します。ただし、1週間に1回のダウンロードで済むため、頻繁に更新する必要はありません。

トレーディングにおけるインジケーターの使用方法

FXSSI.Calendarは情報インジケーターです。つまり、それだけではトレーディングシグナルは生成されません。通常は、市場に参入または退出する正確なタイミングを定義するために使用されます。

最もボラティリティの高いニュースのみが一般的に考慮されますが、重要度の低いニュースが資産の動きを促すこともあります。

頻繫に見られるニュースの傾向を例として検討しましょう:

ニューストレードの例

  1. 予想通り、ニュースリリース直後にボラティリティが上昇しました。しかし、このような動きが続くか、またはそれが偽の動きであるかどうかは不明です。
  2. 価格が降下して、ニュースのインパルスの半分に達した時点で、値動きの方向性が決定されます。
  3. もし価格が (3) に近ければ、ニュースのインパルスは間違っていたということになります。その逆の動きが生じる可能性がより高まるでしょう(赤い線の示す通り)。
  4. 価格が再びインパルスの間に形成された高値に近ければ、インパルスが真であったことを示し、その方向での取引の開始を検討することができます。
  5. この例では、ボラティリティがすでに減少し、トレーダーが必要に応じてポジションを追加し、価格が安全に正しい方向に移動することが見込まれるタイミングであるニュースリリースから1時間半後に、取引が開始されました。

ニュース取引にはさまざまなアプローチや戦略があります。しかし、リリース期間中の取引はリスク増大と関連していることを再度お伝えします。ニュースリリース中のオープントレードを避けるためだけにこのインジケーターを使用することをお勧めします。

インジケーターの特徴

本当に必要な時だけに注意を引くようなインジケーターの作成を心がけました。

これまで見てきたすべての類似例では、大量のデータがチャートの中央に表示され、不必要に乱雑になります。簡潔さとコンパクトさが好まれるため、取引の妨げにならないように、グラフの下の方にすべてのマークが配置されています。

Info panel(情報パネル). ニュースを左クリックするとウィンドウが開き、グラフの右下隅に今後のニュースリリースに関する詳細情報が表示されます。

クリック

ウィンドウを閉じるには、ウィンドウをクリックします。新たなキャンドル足が表示されると、自発的に閉じます。

Navigate between news(ニュース間のナビゲート). 情報パネルの下にある矢印をクリックすると、ニュースを切り替えることができます。選択したニュースがハイライト表示されます:

ニュースインジケーターのアップデート

Filter news by importance and currencies(重要度と通貨によるニュースフィルター). 設定では、ニュースを表示する通貨 (国) と重要度を指定できます。

Grouping news(ニュースの分類). 複数のニュースリリースが同じ時間に公開される場合、分類されて表示されます。

ニュースの分類

どのニュースがリリースされるかを表示するには、テキストラベルをクリックして情報パネルを呼び出します。

Tooltip(ツールチップ). ニュースにカーソルを合わせると、ツールチップが表示されます。

ツールチップ

機能は任意であり、無効にできます。

インジケーター設定

為替通貨ニュースカレンダー設定

Filter News by Currencies(通貨ごとのニュースフィルター). この設定により、ニュースで表示する通貨を設定できます。

  • Current Symbol(現在の記号)- チャートウィンドウによって自動的に通貨を検出します;
  • All Symbols(すべての記号)- すべての通貨を表示します;
  • Defined(定義済み)- 以下の項目をご覧ください。

Defined Currencies(定義された通貨). チャートに表示する通貨を手動で指定できます。フィールドの構文は次のとおりです。: “USD,GBP,NZD,TRY” …

Filter By Volatility(重要度によるフィルター). 通常、ニュースは市場への影響度によって、高(重要度が高い)、中(重要度が中程度)、低(重要度が低い)の3種類に分類されます。

  • «1+ Stars» – すべてのニュースがチャート上に表示されます;
  • «2+星» – 重要度が中程度から高いニュースが表示されます;
  • «3つ星» – 重要度の高いニュースのみが表示されます。

Hours Ahead/Behind(前後数時間のニュース). 過去のニュースは指定された数時間後に表示され、今後のニュースはリリースの指定された数時間前に表示されます。ニュースは現在の週のみ入手可能です。したがって、過去数週間のニュースを表示するように選択した場合、現在の週のニュースのみが表示されます。

Update Interval(アップデート間隔) – 指標がサーバーからデータをリクエストする頻度です。間隔は5分から60分まで変動します。

Server Time Offset(サーバー時間オフセット)タイムゾーンを選んでください。初期状態では、自動で決定されます。このパラメータは最新のアップデート時間を表示するブロックに影響しますが、アップデート頻度には影響しません。

Show Till Timeframe(時間枠まで表示)。 セッションを含むすべてのセッションが表示されるまでの時間枠を設定します。

Display Symbol Names(記号の名称の表示). 通貨名の表示を有効/無効にします。無効にすると、ニュースの重要性を示す“星印” だけがグラフに残ります。

Text Position(テキストの位置). チャートウィンドウの上部または下部のどちらにテキストを配置するかを指定します。

Text Size(テキストサイズ). ニュースラベルのフォントサイズを指定します。

Show Tooltips(ツールチップの表示). 有効にすると、ニュースラベルの上にカーソルを置いたときにツールチップが表示されます。重要度、正確な時間、ニュースの名称などの情報が表示されます。

Indicator Position & Offset指標ポジション & オフセット. この設定では、チャートにおいて指標が配置される位置の変更および位置にスペースを挿入することができます。

Horizontal/vertical Offset(水平/垂直補正). チャートウィンドウ枠からの情報ウィンドウの補正を設定します。

Color Scheme(カラースキーム). 背景色を白または黒の二色に設定できます。初期状態では、自動で決定されます。

Alert Method(アラート機能). サウンドファイルまたはアラート(ポップアップウィンドウ)の中から、お好みの通知方法を選択します。通知を無効にすることもできます。

Notify Before N Minutes(N分前に通知する). 今後のニュースリリースを指定した分数前に通知します。

Sound File(サウンドファイル). 再生するサウンドファイルを選択します。利用可能なすべてのサウンドファイルは、ターミナルインストールディレクトリの 「/sounds」 フォルダにあります。

MT4にFXSSI.Calendar を追加する方法

下記の手順に従ってお使いのMT4ターミナルにインジケーターをインストールしてください:

  1. 当ページ上部のリックをクリックしてZIPアーカイブをFXSSI.Calendar インジケーターと共にダウンロードします ;
  2. お使いのターミナルのMQL4/インジケーター フォルダでファイルを展開します;
  3. MT4ターミナルを再起動します;
  4. MT4 ナビゲーターにてインジケーターの名称をダブルクリックしてインジケーターを実行します;
  5. Allow DLL imports(DLLインポートを許可する)」 ボックスにチェックを入れて「OK」をクリックします;
  6. インジケーターがチャート上に表示されます;
  7. 必要に応じてインジケーターの設定を調節します。CTRL+Iをクリックし、一覧からインジケーターを選び、「Inputs(インプット)」タブに切り替えます。

インジケーターのインストールに関してお困りでしたら、 詳細ガイドをご覧ください。