FXSSI

FXSSI.TradingSessions Free

ロンドン、ニューヨーク、東京、シドニーなど、外国為替市場で最も重要なトレーディングセッションを表示します。

取引セッションインジケーター (FXSSI.TradingSessions) は、ロンドン、ニューヨーク、東京、シドニーなどの外国為替市場で最も重要な取引セッションを示しています。

セッションはチャート上で色分けされたボックスとして表示され、特定のセッションの開始時間と終了時間、およびその取引範囲が明確に示されます。

インジケーターが表示する取引セッション

このセッションインジケーターは、4つの主な外国為替セッションの時間を示します。取引セッションは下表のとおりです:

セッション 略称 開始時間 終了時間
東京 (Tokyo/Tyo/To) 23:00 UTC 8:00 UTC
ロンドン (London/Ldn/Ln) 7:00 UTC 16:00 UTC
ニューヨーク (New York/Nyc/Ny) 12:00 UTC 21:00 UTC
シドニー (Sydney/Syd/Sy) 21:00 UTC 6:00 UTC

各取引セッションは9時間です。このスケジュールに基づくと、一部の証券取引所の立会時間が重複する取引セッションがあります:

  • 東京とロンドン: 1時間。
  • ロンドンとニューヨーク: 4時間。
  • シドニーと東京: 7時間。

トレーディングセッションインジケーターの特徴

FXSSI.TradingSessionsはMT4ターミナル用に開発されたシンプルかつ非常に機能的な外国為替セッションインジケーターです。無料でダウンロードできます。

i-Sessionsなど、他の人気なインジケーターと比較して、当社の外国為替セッションインジケーターにはいくつかの利点があります:

  1. 過去および現在のトレーディングセッションに加えて、このMT4自動セッションインジケーターは将来のセッションの時間も表示します;
  2. タイムゾーンを自動で検出します;
  3. より高いタイムフレームのための単純化された表示モードが実装されています;
  4. カラースキームは、表示と使用頻度のバランスを保つように設定されています。つまり、この外国為替セッションインジケーターは、鮮やかな配色を使用した他の同様のインジケーターとは異なり、グラフの作業を複雑にすることはありません。

外国為替市場セッションインジケーターの使用方法

トレーダーは通常、一日のうち変動の大きい時間を決定するために取引セッションを使用します。なぜなら、取引活動は証券取引所によって異なるからです。

取引セッションに基づく通貨ペアの動き
取引セッションに基づく通貨ペアの動き

ロンドンとニューヨーク市場の取引時間は、特に4時間の重複期間中、最も変動が大きいと考えられています。

ロンドンセッションの開始のみを目的とした戦略や、アジアセッションでのみ取引を許可する戦略もあります。

最も穏やかな、あるいは “フラット″なセッションはシドニー (太平洋) のセッションだと言えるかもしれません。

特に、トレンドの強化またはその変化は、特定の取引セッションの開始時間と一致することがよくあります。

要するに、市場セッションインジケーターだけではトレーディングシグナルは発生しないということです。しかしながら、他の参考になるインジケーターと同様に、取引セッションインジケーターはすべてのトレーダーにとって不可欠な補助ツールです。

H1タイムフレーム以上に向けて簡略化された表示モード

インジケーターをインストールした後、最初はH1以降のタイムフレームで正しく動作しないように見えることがありますが、これは多くのユーザーリクエストによって確認されます。

しかし、疑問点を突き詰めてみると、H1タイムフレームから始まるセッションをチャート上にプロットしても意味がないことがわかります。セッションは9時間続きますが、これはチャート上の9本の棒グラフに相当し、相場分析には都合の良いサイズではありません。例を考えてみましょう:

トレーディングセッションインジケーター

セッションの長方形が小さすぎて、読み取り値を分析できません。

そのため、H1以降のタイムフレームには簡易セッション表示モードを使用することにしました。インジケータには、次回のセッションの縦線と、開始までの残り時間のみが表示されます。

その背後にある論理は次の通りです:すべてのトレンド変化はセッションの開始または終了時に発生します。したがって、セッションインジケーターは、H1以降のタイムフレームでは最も重要な情報であるため、この情報のみを簡易モードで表示します。

設定

外国為替セッションインジケーター - 設定

Session Options On/Off(セッションオプションのオン/オフ) – グラフに表示するセッションと表示しないセッションを選択できます。デフォルトでは、東京、ロンドンおよびニューヨークのセッションは有効ですが、シドニーのセッションは無効です。

Short Name Length(名称の短縮) – 長方形の枠の隣に表示されるセッション名の略称の長さを設定します。

Server Time Offsetサーバー時間オフセットタイムゾーンを選んでください。初期状態では、自動で決定されます。このパラメータは最新のアップデート時間を表示するブロックに影響しますが、アップデート頻度には影響しません。

Fill Sessions Background(セッション背景の塗りつぶし). トレーディングセッションを表示するボックスの背景の塗りつぶしを有効/無効にします。

Past Sessions to Show(過去のセッションを表示) は、チャート上に表示される過去のセッション数です。この数には、すでにクローズしているセッションとまだオープンなセッションが含まれますが、将来のセッションは含まれません。

Future Sessions to Show(将来のセッションを表示) チャート上に表示する今後のセッション数を決定します。最後のセッションは縦線で表示されます。

Show Till Timeframe(時間枠まで表示)。 セッションを含むすべてのセッションが表示されるまでの時間枠を設定します。

Color Scheme(カラースキーム). 背景色を白または黒の二色に設定できます。初期状態では、自動で決定されます。

MT4にFXSSI.TradingSessions を追加する方法

下記の手順に従ってお使いのMT4ターミナルにインジケーターをインストールしてください:

  1. 当ページ上部のリックをクリックしてZIPアーカイブをFXSSI.TradingSessions インジケーターと共にダウンロードします ;
  2. お使いのターミナルのMQL4/インジケーター フォルダでファイルを展開します;
  3. MT4ターミナルを再起動します;
  4. MT4 ナビゲーターにてインジケーターの名称をダブルクリックしてインジケーターを実行します;
  5. Allow DLL imports(DLLインポートを許可する)」 ボックスにチェックを入れて「OK」をクリックします;
  6. インジケーターがチャート上に表示されます;
  7. 必要に応じてインジケーターの設定を調節します。CTRL+Iをクリックし、一覧からインジケーターを選び、「Inputs(インプット)」タブに切り替えます。

インジケーターのインストールに関してお困りでしたら、 詳細ガイドをご覧ください。