通貨ペアのGBPUSDは動きの少ないレンジ相場を割ろうとしてきています。

2019年4月3日 8:44:00 by Alexander Zorevyk
予想の詳細
ペアGBPUSD
方向性 購入
ステータス終了済み (1.3182)
6:06
6:00
2019/04/03

+64 p
1.3205
ターゲット1
1.3140
エントリ
-70 p
1.3070
ストップ・ロス
チャート&分析コメント
通貨ペアのGBPUSDは動きの少ないレンジ相場を割ろうとしてきています。

前回の為替市場の動きが売り手を動かしました。しかし、騙し上げだったため、すぐに元の上昇トレンドに戻りました。この場合は成行買い注文をする良いタイミングです。

  1. 流動比率インジケーターが伝えてることは、市場は売りに走っていて、私達は買い注文を考えるべきだということです。
  2. 比率インジケーターでわかるのは、市場の売り手の割合が変化したということです。このインジケーターが為替相場と一緒に上がるということは、取引が増えていることが確認できます。これは上昇トレンド持続の材料になります。
  3. 上昇中の新しい売り手の動きをみると、市場はまだ上昇トレンドを信じていないみたいです。
  4. MVPラインは為替相場に反映して動くので、為替相場が横ばいの動きをしても、MVPラインは為替相場を何度も交差することがあります。なので、今日はこのMVPラインを交差することを予測して、短期買いを行います。
  5. 上昇中の為替相場は、今溜まっている、損切狩りが材料となって、上昇トレンドに転換していきます。