USDCADの下落トレンドはこれからも続くため、成行注文で売り取引を進めていくことをお勧めします。

2020年1月16日 8:12:55 by Alexander Zorevyk
予想の詳細
ペアUSDCAD
方向性 セール
ステータス終了済み (1.3035)
8:07
8:07
2020/01/16

-40 p
1.3085
ストップ・ロス
1.3045
エントリ
+44 p
1.3000
ターゲット1
チャート&分析コメント
USDCADの下落トレンドはこれからも続くため、成行注文で売り取引を進めていくことをお勧めします。

レンジ相場では、短期目線で成行売り注文する事がお勧めです。

  1. 流動比率インジケーターと言う市場センチメント分析に使われるテクニカル指標によりますと、現在は売りのシグナルが出ています。
  2. 現在のレンジ相場では、リテールトレーダーは買いポジションの保有を好みます。ですが、大口トレイダーは下落する動きに興味があるようです。
  3. この買い手の数が厚い水準からストップロスは解消されていくでしょう。そして、為替相場がそこを突き抜けた時、為替相場は下落し続けるでしょう。
  4. リーテールトレーダー達ののストップロスの溜まり場が、前回の底値と一致しています。ですので、この水準が私達のトレードのターゲットになります。