2019年度の最も変動の大きい・小さい通貨ペア

2019年度の最も変動の大きい・小さい通貨ペア

恐らく「ボラティリティ」の概念はご存知でしょう。もしご存知ないなら、この記事をご覧になる前に、これに関する詳細について確認されることをお勧めします。

この記事では、2019年のForex市場における最も変動の大きい通貨ペアについてご紹介します。

ボラティリティの定義によると、時間の経過と共に変化する傾向にあり、不変ではないことに留意してください。

ボラティリティは相対的なもの

Forex市場で取引されたことがあったり、客観的に価格の変動をご覧になったことがあったりすれば、価格はチャート上で線形に動くわけではないことにお気づきになったことでしょう。

単に価格が進展しない場合や非常に狭い幅で変動していることもあります。この場合は、市場におけるボラティリティが低いといいます。

逆に、主要な経済データが発表される場合や当局が声明を出す際には、市場価格が劇的に変動します。この場合は、ボラティリティの増加またはスパイクと呼びます。

ボラティリティの非定常性を明確にするために、Forexボラティリティ計算ツールを見てみましょう-http://investing.com/tools/forex-volatility-calculator。ボラティリティを測定する期間を週単位で入力するだけで、このツールを利用開始できます。

では、例としてNZD/USDのボラティリティが時間の経過と共にどのように変化しているかを見てみましょう。上記のウェブサイトに4週間と入力して、そのボラティリティを測定してみてください。その後、以下のように3種類の図で結果が得られます:

Currency pair volatility

これらの図は、7月1日以降のNZD / USD通貨ペアの日平均ボラティリティを示しています。また、ボラティリティの週平均、日平均、時間平均も表しています。

この3種類の図をもとに、あらゆる期間におけるボラティリティの変化の傾向を計算できます。

NZD/USDの毎時ボラティリティの図において、12時と21時(GMT)にボラティリティのピークに達しているのは特に興味深いです。これはアメリカとニュージーランドの経済データが発表される時間と完全に一致しています。

この記事の冒頭で触れた主要な経済データの発表時にボラティリティが増加するという見解を支持しています。

ボラティリティの変化はあらゆる通貨ペアに見られます。必要な通貨ペアを選び、様々な期間におけるボラティリティの統計を得ることが可能です。

ボラティリティは何に関連するのでしょう?

あらゆる通貨ペアのボラティリティは何によるのでしょうか?

ボラティリティの主な原因は流動性です。流動性が高いほどボラティリティが低く、流動性が低いほどボラティリティが高くなります。

事実、流動性は市場における需要と供給の総量をいいます。つまり、需要と供給が多いほど価格変動が困難になるのです。

このルールから、エキゾチック通貨ペアの流動性はメジャー通貨ペアよりも低いことが多いため、Forex市場において最も変動が大きいと結論付けることができます。

主要な経済データの発表時にもボラティリティが発生することが多いため、MT4ニュースインジケータをダウンロードおよびインストールすると役立つでしょう:

Forex News Indicator

これは、予想外の市場アクティビティを避けるのに有効かもしれません。

統計を利用して上記について検証してみましょう。

検証の目的として、7種類のメジャー通貨ペア、クロス通貨ペア、エキゾチック通貨ペアについて、得られたデータをもとに比較表を作成しましょう。

最もボラティリティの高い通貨ペアの表

The Most Volatile Forex Currency Pairs

最もボラティリティの高い通貨ペア-表は、今日最もボラティリティの高いForexペアはエキゾチック通貨ペアであることを示しています。つまり、USD / SEK、USD / BRL、USD / DKKです。 これらはすべて一日あたり平均400ポイント以上変動しています。

メジャー通貨ペアのボラティリティははるかに低く、GBP/USD、USD/JPY、USD/CADのみ一日あたり100ポイント以上変動しています。また、EUR/USDは最もボラティリティが低い通貨ペアであることがわかりました

クロスレートについては、GBP/NZD、GBP/AUD、GBP/JPY、GBP/CADが最もボラティリティの高い通貨ペアであることを表しています。これらはすべて一日あたり平均200ポイント以上変動しています。EUR/CHF、CAD/CHF、AUD/CHF、EUR/GBPは異なり、ボラティリティの低いForex通貨ペアと同様に、その変動は一日あたり90ポイントを超えることはありません。

まとめ

この記事をお読みになって、エキゾチック通貨ペアやクロスレートの取引によって確実に大きな利益を得られると思われたかもしれません。しかし、それほど単純ではありません。事実、エキゾチック通貨ペアの変動は、メジャー通貨ペアよりもはるかに幅広いです。

但し、こうした高いボラティリティは低い流動性の結果で、流動性の低い通貨ペアの取引はトレーダーにとって特別なリスクを伴います。

実際のところ、このような状況においてはテクニカル分析が通用しない場合もあり、例えばUSD/SEKやGBP/NZDの取引分析が、USD/SEKやGBP/NZDと同様に効果的に機能しないことがあります。また、テクニカル分析パターンに誤りがある可能性もあります。

最も流動性の高い市場における市場心理が、テクニカル分析の柱を担っているのはこのためです。取引商品の流動性が低い場合、テクニカル分析の妥当性が疑問視されます。

変動している金融商品の取引でトレーダーが直面する可能性のある2つ目の課題は、幅広いスプレッドです(余分な取引費用)。

もちろん、けっして流動性の低い通貨ペアの取引を避けるようにお勧めしているわけではありません。ただ、取引経験の浅い方や初心者の方にとって、こうした取引がメジャー通貨ペアよりもリスクが高いので注意するようお伝えしているのです。